デイサービス 仕事 看護師

デイサービス看護師☆メリット


デイサービスを希望する理由は何ですか?

 

1位:育児と仕事の両立が出来るから

 

2位:残業がなくて仕事が楽だから

 

3位:ブランクが長くて復帰に不安があるから

 

4位:シフトの自由度が高いから

 

5位:扶養範囲内でゆったり働きたいから

 

6位:医療行為がなく精神的に楽だから

 

デイサービス看護師の多くが30代〜40代のママさんナースです。

 

 

独身時代はバリバリと働いて、結婚・出産を機に退職。

 

 

しばらくブランクを空けて、子供が幼稚園に上がったのを機にパートを始めたい!

 

 

または子供が小学校に入って手が離れたから、扶養範囲内でゆったり働きたい!

 

 

このようなニーズの方がほとんどです。

 

 

デイサービス看護師は、常勤ナースの割合がとても低く、ほとんどのナースが非常勤です。

 

 

多くのデイサービスでは、派遣ナースが大半で、毎日ナースの顔ぶれが違うと言う職場もあります。

 

 

デイサービスに勤めれば希望は可能のでしょうか?

 

 

※1位:育児と仕事の両立が出来るから

 

育児と仕事の両立をするためには、仕事に柔軟性を持たせなければ無理ですよね。

 

 

園や学校行事の時、子供が体調不良の時はしっかり休みが取れる。

 

 

このような環境は病棟勤務だとなかなか難しいですよね。

 

 

デイサービスの場合は、ほとんどがママさんナースなので育児に対してとても理解があります。

 

 

特に冬場は小さな子供はしょっちゅう風邪を引きます・・・。

 

 

病棟勤務だった頃は「また欠勤か・・・。はぁ・・・また文句言われるのか・・・。早く治って欲しい!」なんて思ってしまって自己嫌悪に陥ったりしますよね。

 

 

デイサービスの場合は育児に理解のある環境なので、欠勤でも理解がありますし、シフトの変更もかなり自由があります。

 

 

特に派遣ナースが多い職場では、1日の看護師の人数に余裕を持たせてシフトを組んでいるので、1人スタッフが欠勤しても残ったスタッフで仕事を回せます。

 

 

育児って本当に大変ですよね(;一_一)

 

 

仕事でヘトヘトになって帰宅してから、夕食作ってお風呂に入れて寝かしつけして、気付いたら夜中・・・・。

 

 

こんな生活では子供とゆったりして気持ちで接するのは難しくなりますし、ちょっとした事でイライラしたり・・・。

 

 

子供は小さい時間なんてあっという間です!

 

 

その数年間だけでも子供とゆっくり接して、子供の成長を十分に楽しむ余裕が欲しいですね☆

 

 

デイサービスなら仕事も楽、残業なし、日祝休み、シフト自由☆☆☆ママさんナースにはピッタリの職場だと思いますよ(#^.^#)

 

 

本当はもっとやりたい看護があるの!もっとバリバリ働きたい!やり甲斐のある仕事がしたい!スキルアップしたい!など思う事もあるでしょう。

 

 

でも、子供が小さい数年だけゆったりとデイサービスで働いて、少し手が離れてきたら一般病院に復帰すれば良いと思いますし、実際そうしているナースは多いんですよ(^_-)

デイサービス看護師☆デメリット


デイサービスはメリットも沢山ありますが、デメリットもあります。

 

 

それはやはり・・・やり甲斐を感じにくいと言う事です。

 

 

デイサービスに勤めたばかりの頃は、早く仕事を覚えなきゃ!と張り切るのですが、仕事に慣れてくると「やり甲斐がない」「看護師として私がいる意味があるの?」といろいろと不満が出てくるものです。

 

 

なぜデイサービスを選んだのか?を思い出せば、こんなマイナス思考になった時にも乗り越えられますよ(^_-)

 

 

デイサービスを選んだ方は、残業なし・土日休み・プライベートの時間・子供との時間・自由なシフト・楽な仕事・・・を選択したと思います。

 

 

やり甲斐を得るのはなかなか難しい環境ですが、やり甲斐とプライベートの時間や子供との時間のどちらに優先順位がありますか?

 

 

子供が小さい時だけデイサービスで働く!と言う目標だって良いじゃないですか☆

 

 

やり甲斐がなければ続かない・・・確かにデイサービス看護師は、離職率が高いのが現実です。

 

 

楽な仕事とやり甲斐のある仕事を天秤にかけた時に、どちらが勝つのかは、その時の状況によりますよね。

 

 

デイサービス看護師を選んだ方の多くが経験する「やり甲斐のない辛さ」は、今の現状でデイサービス看護師を選ぶメリットよりもデメリットの方が大きいなら転職をするしかありません。

 

 

デイサービス看護師のメリットの方が大きいなら、やり甲斐を自分で見つけていくしかありません。

 

 

デイサービス看護師のやり甲斐って何だろう・・・??

 

 

多くの方が何にやり甲斐を求めるのか分からないと思います。

 

 

でも、やり甲斐ってどんな状況に置かれても、嫌な仕事をやっていても、自分で見つけて行くものだと思います。

 

 

本当はデイサービス看護師の仕事って奥が深いし、広い知識が必要です。

 

 

だって、様々な疾患の利用者さんの健康を管理しつつ、PTやOTの仕事もこなし、看護師として働き、ケアマネとの連絡や介護士との調整もするんですよ。

 

 

1人で何役もこなすわけです。

 

 

様々な疾患の方が対象ですから、どんな治療をしてきて現在どんな状況なのか?医療的な知識が必要ですよね。

 

 

ただ入浴介助に来ている訳ではありませんよね。

 

 

幅広く老人介護を勉強する機会でもありますし、経験を積んでケアマネの資格を取るチャンスだってありますよ!

 

 

どんな状況に置かれても考え方次第で、すごく魅力的な仕事に変わりますよ(*^。^*)

デイサービス看護師☆給料


デイサービス看護師の給料は大きくわけて、時給と月給の2つがあります。

 

 

デイサービスの常勤ナースの場合は基本給があるので月給、バイトや派遣の場合は時給での給料になります。

 

 

デイサービスは病院や介護施設、クリニックに併設されているものから、介護業者が運営するもの、企業が運営するもの、市や社会福祉協議会が運営するものと様々あります。

 

 

給料は病院付属や介護施設・老人ホームに併設されている方が基本給が高いです。

 

 

常勤で働くのなら、病院付属・介護系施設に付属のデイサービスがおススメです。

 

 

介護業者や企業が運営するデイサービスは給料の幅が大きいですが、全体的に見て給料は少し安いです。

 

 

市や社会福祉協議会が運営するのもは給料が安いです。

 

 

時給の場合はどこのデイサービスも大きな差はなく、時給1500円〜2000円位が相場です。

 

 

時給は派遣ナースが一番高く、バイトやパートよりも高給である事がほとんどです。

 

 

派遣ナースの場合は、派遣会社に雇用されているので給料は派遣会社から頂きます。

 

 

バイトやパートの場合は施設に直接雇用されているので施設の規定で給料が支払われます。

 

 

給料の出所が違うので時給の差が生まれます。

 

 

デイサービスの派遣ナースの時給は1800円以上がほとんどです。

 

 

高い所では時給2200円くらいの高給求人もありますよ!(^^)!

 

 

デイサービスの場合は、まずはデイの仕事が自分に合っているのか、その施設の方針ややり方に共感出来るのかを体験するためにも、派遣から始めるのがおススメです。

 

 

派遣ナースとしてデイサービスに出向き、その施設が気に入ったら直接雇用になる方が賢いと思います。

 

 

ほとんどのデイサービスが派遣ナースの募集をしていますし、派遣先は選べるので、気になるデイサービスがあったら、まずは派遣ナースとして現場に出る事をお勧めします。

 

 

派遣ナースからデイサービスに勤めると、いくつかのメリットがあります。

 

 

いきないデイサービスでパートやバイトを始めるのではなく、派遣ナースとして働いた後に直接雇用でバイトやパートに変更した場合は、高給からのスタートが可能になる事が多いです。

 

 

それは、パートやバイトのナースは最初は給料交渉はほぼ出来ません。

 

 

ほとんどの施設が時給1500円前後で、最初からそれ以上の単価はありません。

 

 

でも派遣ナースででいさーびすに勤めた場合は、最初から時給が1800円ほどでスタートします。

 

 

派遣期間を終えて直接雇用になる際には、本来ならその施設の給料規定で時給が大幅に下げられてしまうのですが、派遣ナースは最初から高給で働いていた事もあり、他のバイトやパートのナースよりも高い単価を出して貰えます!

 

 

私が以前派遣でデイサービスに行っていた時は、半年ほどで直接雇用になりましたが、他のパートやバイトのナースが時給1600円の所、私は直接雇用になってからも時給1800円のままでした。

 

 

施設管理者からは「他の看護師には言わないでね。トラブルの元だから」と言われましたが。

 

 

このようにデイサービスのナースの時給は、施設管理者の意向で変更する事が出来るのです。

 

 

派遣ナースの場合は高単価を出して貰える可能性が高いですよ!

 

 

直接雇用になる際に給料が大幅になると説明されたら、派遣会社の担当者さんに「給料が下がるなら直接雇用にはなりません!」と伝えると、単価交渉をバッチリしてくれます。

 

 

自分で給料アップ交渉は言いだしづらいですが、担当者さんが給料アップ交渉を代行してくれるので問題ありませんよ!(^^)!

デイサービス看護師☆残業は絶対ない?


デイサービスは9時〜15時30分頃までの勤務が多いですね。

 

 

常勤となると8時30分に出勤して利用者さんのお迎えのバスに同行する所から始まります。

 

 

非常勤ナースは9時移行に出勤して、退社時間は自由に設定できる場合が多いです。

 

 

ママさんナースが多いので、子供が帰宅するまでに帰りたいと言う事で、14時までや15時まで勤務としている方が多かったですね。

 

 

午後から用事のある日は午前のみの勤務や午後から出勤も出来ましたよ。

 

 

ただデイサービスの場合は午前中に沢山の方の入浴介助があるのですごく忙しいです!

 

 

出来ればこの入浴介助の時間に人手が欲しいのが本音だと思います。

 

 

午後はそれぞれ好きな活動をしたり、PTやOTをしたり、散歩に行ったりと自由に過ごすので、ゆったりと時間が流れます。

 

 

午前中はちょっとバタバタしますが、午後は本当に暇です!

 

 

デイサービス看護師の残業ですが・・・まずありません!

 

 

私が半年間、デイサービスで派遣ナースをしていた時は一度も残業はありませんでした。

 

 

残業がないと言うよりも、定時の前に仕事が終わってしまうので、定時まで時間を潰すのに苦労しました・・・(T_T)

 

 

午後は自由時間になっているので、絵をかいたり、手芸をしたり、お昼寝をしたり、散歩をしたり、それぞれの利用者さんが自由に時間を過ごし、看護師は各テーブルを回って一緒に制作をしたり、話し相手になったり。

 

 

空いた時間を使って看護日誌や温度版を付けたりします。

 

 

ゆったりと時間が流れるので、午後はほとんど座って過ごせます。

 

 

暇すぎて眠くなる日も多かったです・・・。

 

 

絶対に残業は無理!と言う方には最適な労働環境だと思いますよ!(^^)!

 

 

たまにですが、急病などで救急搬送されるケースもあります。

 

 

利用者は高齢者が大半ですから、急変や急病は想定内ですよね。

 

 

糖尿病や脳疾患・心疾患の既往があり、内服治療中と言う方が結構いるので、入浴の前後は体調管理が重要です。

 

 

たまに入浴後に血圧が下がらなくてそのまま意識を失った・・・なんて方もいますしね。

 

 

また、糖尿病の方で、穏やかに過ごしているかと思ったら低血糖になってた・・・なんて事も。

 

 

急変や急病の際には、まずは管理者に報告。

 

 

その後は管理者からケアマネや担当医に連絡を入れて、必要があれば救急搬送をします。

 

 

看護師は救急搬送までの間のバイタルチェックや容態観察をして、救急隊の方に報告をします。

 

 

デイサービスは医療施設ではないので、医療機器は何もありません。

 

 

酸素と吸引器があるくらいです。

 

 

何かあったら医療機関に行くので、デイサービスで医療行為を行う事はほとんどありません。

 

 

このように急変や急病の際は、退社時間の前後なら残業が出る事もあるかもしれませんが、まず残業はないと思って大丈夫ですよ!

デイサービス看護師☆シフトは自由?


デイサービスは定休日なしとしている施設も多いですね。

 

 

土日祝日や年末年始も365日オープンしている施設もあります。

 

 

日曜日のみ定休日と言う施設もあります。

 

 

土曜日・祝日はオープンしている施設が多いです。

 

 

常勤ナースか非常勤ナースかによってシフトの自由度は変わります。

 

 

常勤ナースの場合は、なかなかシフトの自由は利きませんね。

 

 

特に土日曜・祝日はナースの人数が確保出来ないので出勤になる日が多くなると思います。

 

 

非常勤の場合はシフトの自由度はかなり高いですね。

 

 

私がいたデイサービスは、翌月のシフトを前の月の20日頃までに決めていました。

 

 

職場にナース全員のシフト表が置いてあって、自分が出勤したい日や、休み希望の日に〇や×をつけます。

 

 

何曜日にチェックを付けても構わないので、不定期で働くことが出来ます。

 

 

派遣ナースの場合は派遣会社がシフトを管理しているので、事前に勤務可能な曜日や時間を伝え、その条件でシフトが作られます。

 

 

最初に伝えた曜日や時間で出勤出来ない場合や、休みを希望する場合は、施設管理者に直接伝えます。

 

 

シフトは常勤ナース以外は本当に自由な感じです。

 

 

シフトが出来てしまってからも、どうしても勤務変更が必要と言う時も対応してもらえますよ(#^.^#)

デイサービス看護師☆土日は休めるの?


デイサービスを希望する方に理由を聞くと「土日が休みだから」と答える方が結構います。

 

 

でも、土日・祝日もオープンしている施設が多いんですね。

 

 

土日休めるのかどうかがポイントになります。

 

 

土日の休み希望の場合は、常勤ナースなら入職の際に条件として「土日休み」と伝えておかなければ難しいですね。

 

 

常勤ナースの場合は、何も希望を出さなければ、土日のどちらか出勤、隔週で土日のどちらも出勤と言う感じのシフトになります。

 

 

土日はナースの人数が確保出来ないので、常勤ナースが穴埋めをしなければなりませんからね。

 

 

入職の時点で土日は勤務不可と言う事を伝えなければ、後から希望の変更は難しいですし、土日も勤務出来る方が優先としている施設もありますからね。

 

 

バイトや派遣ナースの場合は、常勤ナースに比べてシフトの自由度が高いので土日勤務可能です。

 

 

デイサービスの場合は、土日祝日の場合は時給が100〜200円アップするので、敢えて土日勤務したいと言う方や、月に1回くらいなら出ても良いと言う方もいますよね。

 

 

シフト表は自分たちで作れるので、休み希望は100%通ります。

 

 

病棟のシフト表みたいに、休み希望のみにチェックを入れるのではなく、出勤可能な日に〇、出勤不可に×を付けて、そのままシフト表になるので、土日休みが希望なら毎週土日に×を付けておけば休めます。

 

 

看護師のバイトや派遣でデイサービスほどシフトの自由度が高いものは少ないと思います。

 

 

健診バイトもシフトの自由度が高くて人気ですが、健診バイトの場合は月や週の出勤可能な日数で契約しているので、その日数に合わせなければなりません。

 

 

休み希望ばかり入れていると出勤可能日数に届かずに契約違反になってしまいますからね。

 

 

デイサービスの場合は出勤可能日数の決まりはありませんので、自分が働きたい時に働きたいだけ働くことが出来ますよ!(^^)!

デイサービス看護師☆ママさんナースでも大丈夫


デイサービス看護師の大半がママさんナースです。

 

 

子供が小さい方から、高校生や大学生の子供がいる方まで、年代は様々ですが、30〜40代の育児中のナースが中心ですね。

 

 

特に子供が保育園や幼稚園に通っていると言う方が多いですよ。

 

 

子供が幼稚園に通っていると言う方は、子供が幼稚園に出かけてから9時30分頃に出勤して、子供が降園する15時までに帰宅すると言う事で14時30分頃に退社する方が多いです。

 

 

働いている方は幼稚園だと難しいと言うイメージがありますが、デイサービスなら出勤や退社の時間が自由に選択できるので、子供が幼稚園に通っていても可能です。

 

 

また園行事があったり、幼稚園の場合って何かと親が園に行く機会が多いですよね。

 

 

デイサービスならシフトは完全自由ですし、急用でシフトを変更したい場合でも柔軟に対応して貰えるので、全く問題ありません。

 

 

ママさんナースの多くは「扶養範囲内で働きたい」と言う希望があります。

 

 

扶養範囲内だと「年間103万円」または「年間130万円」以内に収入を納めなければなりません。

 

 

年間103万円なら月に85,000円、130万円なら月に108,000円まで可能ですね。

 

 

デイサービスの時給はバイトやパートだと1500円くらいが相場なので、1日5時間勤務だと日給は7,500円。

 

 

年間103万円以内に収めるなら、月の出勤日数は11日ほどになります。

 

 

年間130万円以内に収めるなら、月の出勤日数は14日ほどになります。

 

 

どちらにしても、月の半分以上が休みになるわけです。

 

 

これなら育児で大変だとしても、体は十分に休めますし、自分の時間も確保出来ますよね。

 

 

派遣ナースの場合は、バイトやパートよりも出勤日数が少なくて済みます。

 

 

派遣ナースで扶養範囲内で働きたい場合。

 

 

派遣ナースのデイサービス求人の時給は1800円ほど。

 

 

時給1800円で1日5時間勤務すると日給は9000円になります。

 

 

年間103万円以内に収めたい場合は、月に9日の勤務。

 

 

年間130日以内に収めたい場合は、月に12日の勤務。

 

 

バイトやパートよりも効率よく稼ぐことが出来ますよ!  

デイサービス看護師☆ブランクが長くても大丈夫?


デイサービス看護師の多くがブランクナースです。

 

 

ブランクナースの多くが医療行為が少ない職場を希望して、結果としてデイサービスを希望すると言う感じです。

 

 

ブランクナースの悩みとしては、ブランクが長ければ長いほど医療行為に対して苦手意識が強くなっています。

 

 

でも、デイサービスは医療行為はほとんどありませんから、苦手意識も持たなくて済みますよ!

 

 

医療行為もほとんどありませんし、看護記録もSOAPの形で書くのではなく、コメント形式で書くだけなので記録の方法を忘れていても問題ありません。

 

 

またアセスメントや看護計画・立案・修正の必要がないので、全くの未経験でも問題ありません。

 

 

デイサービスの場合は、ほとんどの方がブランクがありデイ未経験で入ってきます。

 

 

でも、初日のオリエンテーションが終れば、すぐに仕事に入らなければなりませんし、仕事は単調なのでスムーズに仕事に入れますよ。

 

 

ブランクのある方は、デイサービスで体を慣らしてから一般病院に復帰すると言う方もいます。

 

 

最低限の医療ケアはあるので、デイサービスでしばらく体を慣らしてから希望の職場に移るのも良いですね。

デイサービス看護師☆看護師の仕事内容は??


デイサービスでの看護師の1日(常勤ナース)

 

8時30分:出勤 本日の利用者の名前や送迎のコースの確認 利用者の体調変化の報告の有無や入退院の有無を確認 介護士との打ち合わせなど

 

 

9時:送迎のバスに同行して利用者のお迎え

 

9時30分〜10時:利用者が到着

 

10時〜12時:入浴の可否判定のためバイタルチェック 入浴の可否報告を介護士にする 脱衣所とホールに分かれて入浴前後の介助 入浴介助は主に介護士 皮膚トラブルの処置 更衣 水分補給の介助

 

 

12時〜13時:利用者と一緒に昼食 各テーブルに介護士、看護師が分かれて座り利用者を見守りながら昼食

 

 

13時30〜14時30分:15〜30分ほどの休憩を交代で取る

 

13時30分〜14時30分:自由時間 制作のお手伝い・見守り PT・OT 散歩の介助 話し相手 囲碁やトランプの相手

 

14時30分〜15時30分:利用者を集めて集団でのリクリエーション 体操 カラオケ 

 

15時30分〜送りのバスに同乗する お見送り

 

16時30分〜事務所に戻り記録や報告 明日の予定の確認 明日の利用者のチェックや送迎の確認 ケアマネへの方向など

 

 

常勤の場合は送迎に付き添う事になりますが、非常勤ナースの場合は送迎に付き添う事は時間的に無理があるのでありません。

 

 

非常勤ナースは9時〜9時30分頃に出勤の方が多く、帰りは14時〜15時30分頃に退社する方が多いです。

 

 

看護師に必要な医療ケアは基本的なものがほとんどです。

 

 

バイタルチェック・皮膚の状態観察・皮膚トラブルの処置・褥瘡の処置と評価・爪のチェック・経管栄養・胃瘻の管理・吸引・BSチェック・自己注射の補助や確認・配薬と内服の確認・創傷チェックとケア・おむつ交換・PT・OT。

 

 

必要な医療ケアはこのくらいでしょうか。

 

 

デイサービスには救急カートやAEDが置かれています。

 

 

救急カートの管理は看護師の仕事です。

 

 

酸素や吸入・吸引の動作チェックも看護師の仕事です。

 

 

救急カートにはイソジンやヒビテン液の補充をします。

 

 

物品のチェックや、品質管理日時のチェックをして、必要なものは補充します。

 

 

空いた時間でテープを切ったり、ガーゼを裁いたりします。

 

 

難しい医療ケアは一切ありませんし、救急カートを使う機会は滅多にないので、全く心配は要りませんよ!(^^)!

 

 

デイサービス看護師☆デイの悪い噂・・・・。


デイサービス看護師を一度経験した方なら、この悪い噂を聞いた事があると思います。

 

 

それは、デイサービスは介護が中心で看護師はあまり必要とされてない感覚に陥る場面が多いと言う事です。

 

 

一般病院の場合は、看護師がいないと困る場面って沢山ありますよね。

 

 

医療行為は看護助手やボランティアの方は出来ませんから、看護師が中心に病棟運営がされています。

 

 

でも、デイサービスに関しては看護師よりも介護士の方が立場が上です!!!

 

 

介護士は看護師とは違って常勤と非常勤が半々ほどで、派遣スタッフはほとんどおらず決まったスタッフで仕事をしています。

 

 

介護士から見ると、毎日顔ぶれが違う看護師って何なの?同じような仕事をしているのに看護師の方が時給が高いのは何で?と看護師に対する目が厳しいワケです。

 

 

確かに、デイサービス看護師はコロコロと仕事を辞める方が多いし、不定期には働いてるので介護士の方も看護師の名前や顔も覚えられないですよね。

 

 

指示を出したくても、いつもメンバーが変わるから、また1から説明しなければなりません・・・。

 

 

デイサービスでは、看護師は看護や医療ケアを行い、利用者さんの状態を観察したら介護士に報告をして、介護士から指示を受けます。

 

 

介護士は介護のプロですが、医療的な知識はない方が多いので、たまに頓珍漢な指示を出したりします!

 

 

私がびっくりした指示は、既往に糖尿病のある利用者さんが、午前中から生あくびをしたり、明らかにADLが低くなっていたんです。

 

 

これは低血糖かもしれないと思い、すぐにBSチェックをしたら血糖が50しかない・・・。

 

 

ケアマネや担当医に報告しなければならないので、すぐに介護士に報告したら・・・。

 

 

「じゃあ昼間の薬を今飲ませてください」って言われました。

 

 

えぇぇぇ〜〜〜!!!昼間の薬って「アクトス」です!

 

 

アクトスは血糖降下薬です!

 

 

明らかに低血糖なのに血糖降下薬なんて与えたら・・・。

 

 

医療の知識がないのに医療的な指示を出すって怖いですよね!

 

 

この時は「昼間の薬は確か血糖降下薬だったと思いますけど・・・」とやんわり言ったら、無言でケアマネに確認の連絡を入れていました。

 

 

なぜこのような事が起きるのかと言うと、やはり看護師と介護士の信頼関係が全く出来てないからだと思います。

 

 

看護師はメンバーがコロコロ変わるから信頼関係を作る暇もないと言う事もあります。

 

 

何かトラブルがあっても、すぐに対処出来ずに、ケアマネや担当医に報告してからでないと対処出来ないのももどかしいです!

 

 

こんな事が続くと「看護師がいる意味ないじゃん!」ってなりますよ。

 

 

私は何か所かのデイサービスで派遣をしましたが、どこの施設も同じでした。

 

 

介護士さんは介護福祉士の資格を持たずに素人から介護士として働いている方が多いです。

 

 

そのため、全く知識のない方もいます。

 

 

医療面で気を付けて欲しい事を伝えても、全然伝わらない、情報の共有もない・・・危機感が分からないから情報共有の必要性も分からないんでしょうね。

 

 

そんな感じでいちいち1人1人の介護士にその都度、声を掛けないとならないのはストレスでした!

 

 

デイサービス看護師をされた方なら一度は体験するモヤモヤする出来事・・・。

 

 

これが嫌で仕事を辞めてしまう方もいますよね。

 

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]

デイサービス看護師まとめ

いくら病院でバリバリ働いていた人も、ブランクが長くなると病院で働く事に不安がおおきくなりますよね( ;´Д`)

 

私も、7年のブランクがありました。

 

結婚して大学病院を退職し、子育てと主婦業に専念していました。

 

今年から、子供が年中さんになったため、看護師の仕事に復帰することにしたのです^_^

 

しかし、7年のブランクは大きいですよね(-。-;
病院に復帰するのは不安だし、子育てと仕事の両立だし…。

 

無理なく働ける職場の方がいいだろうも思い、医療行為の少ないデイサービスで働くことにしたんです(*^^*)

 

病院に比べると給料は下がるけど、久しぶりの仕事だし、残業なしの職場なら子育てとの両立もしやすいですよね(-_^)

 

これ以上ブランクが長くなるよりなら、介護施設であっても看護師の仕事に復帰した方がいいと思ったのですが…。

 

実際働いてみたら、デイサービスの仕事は、正直物足りなさ過ぎでした(´・_・`)

 

バイタル測定とか、簡単な処置とか…医療行為なんてほとんどないようなものですよね(-。-;

 

採決とか点滴とかがないから、なんだか看護師の仕事をしている気がしません。

 

たまに急変する利用者さんもいるけど、主治医の指示がなければ何もできないんですよ(;´Д`A

 

だから、酸素ボンベすら活躍することはありません。

 

救急搬送が必要なほど状態が悪くても、やることといったら、バイタルをとりながら、救急車を待つくらいです(・_・;

 

しかも、自分の判断では勝手に動けません。

 

まずはケアマネや管理者に報告。
管理者は、家族や主治医に報告し、指示をもらいます。

 

でも、ケアマネも管理者も医療従事者ではないから、ちょっともどかしい…( ;´Д`)

 

スピード感もありませんしね(-。-;

 

なんだかデイサービスの看護師の仕事って、働いていてもブランク期間が長くなるだけのような気がしますねf^_^;

 

老健などの老人ホームでもナースの求人がありますね。

 

病院と違い、ハードさがなく、年間休日数が多いと、ママさんナースにも人気のお仕事です(^ー゜)

 

老人ホームには、様々な施設がありますから、ナースの仕事もその施設によって違います。

 

老人ホームは、基本的に治療の場ではありませんから、医療行為にあたる業務は少ないですね(´・Д・)」

 

老人ホームの中で、もっとも医療行為が多い施設が老健です。

 

老人ホームなどの介護施設において、ドクターが常勤し、ナースが24時間365日対応してくれるのが老健です。

 

老健でのナースの仕事は、主に利用者さんが健康に過ごせるための業務がほとんどです^_^

 

毎日バイタル測定、全身状態の観察を行い、体調に変わりはないか、入浴やリハビリを行うことに支障がないか、などの判断も行います。

 

また、高齢者は皮膚トラブルがおおいですよね(´・Д・)」

 

ですから、小さな褥瘡や剥離の処置はしょっちゅうあります。

 

褥瘡の評価を行い、軟膏やベットマットの検討なども行っています。

 

また、胃瘻や食道瘻といった経管栄養の方もいますから、経管栄養の管理も行っています(´・Д・)」

 

経管栄養の方は、痰の吸引も必要になります。

 

糖尿病の方もいますから、BSチェックや、インスリンの投与も行っています。

 

また、留置カテーテルの方や、ストーマの方もいますから、フォーレ交換やパウチ交換も行っています。

 

それと、内服管理はとても重要な仕事ですね。
服薬の介助はもちろん、体調に応じた薬を施設ドクターに処方してもらうため、ナースは状態の報告など行います。

 

ドクターが、利用者さん全員の健康状態を把握するために、ナースの観察、報告がとても大切になります(´・Д・)」

 

また、老健では出来る治療が限られますから、場合によっては病院受診もあります。

 

そういった受診や、救急搬送の付き添いも老健ナースの仕事です。

 

 

老健でのナースの仕事って結構多いので、介護に携わることはあまりありません;^_^A

 

しかし、夜勤もありますから、人数の少ない夜間帯は、トイレ誘導や、不穏者の対応も行っています。

 

老健における看護師の仕事は、色々ありますが、病院での勤務けいけんがあれば、それほど難しいことはありませんよ(^ー゜)

 

派遣のお仕事って、プライベートを重視した働き方が出来るし、常勤とのダブルワークが可能なお仕事でもありますよね^_^

 

それは、自分の働きたい時に、働きたいだけ働く事が出来るからです(*^_^*)

 

パートなどは、週に何日とか、何曜日の何時から何時まで、と決まっているのが普通ですよね(´・Д・)」

 

でも、派遣の仕事であれば、ランダムに自分の働きたい時に働く事が可能なんです。

 

また、派遣先も色々ありますから、働き方、働く日数も選べます^_^

 

沢山働きたい人は、常勤やパートとのダブルワークも可能なお仕事です(-_^)

 

例えば、常勤で働きながら、連休の時だけ、月に1?2回の派遣のお仕事をすることも可能ですね。

 

月に1?2回の派遣の仕事でメジャーなのは、訪問入浴があります。

 

訪問入浴の仕事は、派遣看護師の求人が多いし、月に1回からの仕事でも大歓迎なんです(^_?)

 

訪問入浴の仕事って、結構体力的にキツイから、なかなか常勤で働きたい看護師がいないため、看護師不足が現状なんです( ;´Д`)

 

だから、働いてもらえるなら月に1回でもオッケー??って事業所が多いですね(o^^o)

 

訪問入浴の時給は、看護師求人の中でもダントツだなぁって思います。

 

まぁ、ピンキリで、安いところもありますが、それでも他の看護師求人よりは高給だなぁって思いますね。

 

仕事がキツイから、毎日は無理って思うけど、たまになら頑張れますよねσ(^_^;

 

訪問入浴の事業所によって、看護師が入浴介助をするところもあれば、入浴介助はやらないというところもあるんです。

 

また、旅行などに付き添う、ツアーナースのお仕事も、単発で働くにはもってこいのお仕事ですね(*^^*)

 

月に1回からでもオッケーな派遣の仕事は、看護師情報サービスに多くありますよ(^_?)?☆